会議を円滑に進めるためには

会議は嫌いだと考える方も多くいるものですが、この原因は参加者に対してのメリットが殆ど無いということが考えられます。

メリットが無いのであれば、他の業務を差し置いてまで会議に参加をしたくないと考える方も少なく無いと言えるでしょう。



また、会議そのものの目的が明確になっていないという企業も多く存在しており、この場合も労働者のモチベーションの低下となりますしストレスを感じることになります。
このようになる原因は会議を打ち合わせや連絡、報告をするための場としても活用しているからだと考えられます。

打ち合わせは意思決定を行なうためのものであり、連絡会や報告会は決定事項を伝えるための場です。

本来話し合うべきこと以外のことに時間を費やしてしまうと、延々と続くことになりますから、参加者にとっては本当に時間の無駄となります。



だからと言って会議そのものが悪いというわけではなく、逆に話し合いの場を持たないということも問題になる場合もあります。


全く話し合いをせずに業務を進めてしまうことにより、計画性が無くなり、ゴール設定もせずに日々の業務が惰性的に進んでしまう恐れもあります。

そのため、定期的に開催されることはむしろ重要な事であり、きちんと話し合いをすることが求められます。大切なことは話し合いの場でどのようなことを議論するのかということを事前に情報の共有をしておき、話し合いが円滑に進められること、そして一つ一つの議題に対して明確な答えを出すことなのです。